宇田川 雄士プロフィール写真

宇田川 雄士(Udagawa Yushi)
ライフデザイン コンサルタント
ゆるやかな起業 友の会 会長


1973年:東京生まれ。明治大学理工学部建築学科中退。

2004年:システム会社勤務を経て独立。オーナーセラピストとしてリラクゼーションサロン経営、リラクゼーションスクールでの独立開業セミナー講師、開業コンサルティングなどを行う。

2007年:スモールビジネス向けのメディア制作(ウェブサイト・名刺・パンフレットなど)、経営サポートなどを開始。

2019年:「頭とこころの整理法〔第一版〕」を出版。個人として豊かな人生、充実した人生を送れるようになるためのライフデザイン(人生設計)の知識とスキルを伝えるため、ライフデザイン・コンサルタントとして活動開始。

私の夢だった小さなお店

私には、「小さなお店をやってみたい」という漠然とした夢がありました。

やるならカフェか雑貨屋だろう、などとのんきに考えていたのですが、ふとしたきっかけから「癒しの道」へ進むことを決意。

30歳のときに会社を辞め、リラクゼーションスクールにてセラピストの資格を取得。

2004年12月にタイ古式マッサージのサロンを開業しました。

当時の私のお店。大変だったけど、楽しかった。

夢を叶えられたことがとても嬉しく、オーナーセラピストとしても、充実した日々を送っていました。

しかし、「サロン経営」という現実は、予想以上に厳しかった。

金策に走りまわり、精神的なストレスなのか、胃が痛くなる経験をしたのもこの頃。

あきらめたくなかった私は、試行錯誤をくり返し、11ヶ月目からなんとか黒字化。

きっかけとなったのは、自分で制作したサロンのホームページ、でした。

コツをつかめるようになると、サロンのお客さんを集客するだけではなく、同業者からも興味を持ってもらえるようになりました。

その結果、他店のホームページ制作の仕事や、スクールでの開業セミナー講師などの仕事も頼まれるようになったのです。

しかし…

唯一、残っていたセラピスト時代の写真。当時のあだ名は「店長」

現在の私はこのページのいちばん下にいます。

いきなり閉店?

「ビルを建て替えることになったので、出て行ってください」

なんと、サロンが入居していたビルの建て替えによる立ち退き、を宣告されてしまったのです。

サロンは休業状態。

継続のための物件さがしは難航。

開業したからよくわからうのですが、サロンとして利益をだせる物件って、実はそんなにありません。

結局、悩んで悩んで、残念ながらそのまま閉店。

いまでも当時のお客様、スタッフなど関係者の皆さまには申し訳なく感じています。

そして、すでに独立してしまっている私には、当然のことながら、次の仕事はありません。

「これからどうしよう?」

私は、人生の方向性を見失いました。

それは将来に対する不安となり、私は怪しげなビジネスに手をだしたり、当時の恋人と険悪な関係になったりしていったのです。

店長から会長へ

窮地を救ったのは、サロン経営と同時進行していた、ビジネス向けホームページ制作の仕事でした。

いろいろつくりました

私はオーナーとしてサロンを経営していたので、その経験を、同業者のために活かすことにしたのです。

最近では「ゆるやかな起業」と呼ばれますが、「自分の好きなことを自分でやって、自由に仕事をする」、こんなスタイルで独立をめざす人がではじめてきたのも、この頃でした。

独立開業は、誰にでも勧められるものではありません。

しかし、ライフデザイン(人生設計)という観点からみると、「ゆるやかな起業」に成功することは、その柔軟性をぐっと高めてくれます。

なにしろ、好きなことで起業して、自由に仕事をするという方向性でビジネスをしているのですから……。

というわけで勝手ながら「ゆるやかな起業 友の会」というものを立ちあげ、「初代会長」として地味な活動をしています。

これで私は、サロン時代は「店長」でしたが、「会長」に格上げされました。(というか、自分でしただけですが)

そして、次は「作家」になろうと考え、私が人生の方向を失ったときに考案した手法を、「頭とこころの整理法」として2019年に出版しました。

頭とこころの整理法〔第一版〕

ライフデザイン コンサルタントとして

頭とこころの整理法を活用すると、文字どおり、頭の中が整理されるので、瞑想をして悟りを開いたような感じになります。

そしてふだんの毎日が、ピクニックやハイキングのような気軽な楽しさに満ちたものへと変化していきます。

あなたも、真に豊かな、そして充実した人生をデザインしてみませんか?

宇田川雄士 プロフィール

宇田川 雄士

最終更新日:2019年11月14日