学生時代から自分が希望していた会社に入ることができた。

とても入りたかった業界で、やる気満々だった。

でも、いざ働いてみると、夢と現実のちがいにぶつかって、モヤモヤしている。

こんな風に、それまであったモチベーションがなくなってしまい、やる気がでない状況にある人って、意外と多くいらっしゃると思います。

今回はこのような、「やる気がでない状況を、ライフログの手法を使って改善するための方法」について、お伝えします。

ライフログとは?

まず「やりかた」をはじめにお伝えして、そのあとで、「考えかた」についてもお伝えします。

で、どうすればいいか?

まずはライフログをとります。

ライフログという言葉がわかりにくい場合は、「生活記録」と考えてください。

 ジブン手帳でログをつけています

イメージとしては、上の写真のような感じ。

このときのポイントは、3つ。

  1. あなたは、どんなことに時間を使っているのか?
  2. あなたは、どんなときに楽しかったか?
  3. 今日はどんな一日だったか?

こんなことに気をつけながら、記録していきます。

どんなツールを使うか?

ライフログをつけるにあたって意外と大切なのが、どんなツールを使うか? ということ。

というのも、ちょっと使いにくいだけで、継続しにくくなってしまうことがあるからです。

ライフログアプリなどというものもありますが、私は、ジブン手帳という手帳を使っています。

モチベーションを高めるライフログのつけかた

では、具体的なやりかたを3つのステップにわけてご紹介しましょう。

1. 一日の時間の使い方をチェック

あなたは、どんなことに時間を使っているのか?

これを、色分けしてチェックみましょう。

例えば、

仕事は、赤

プライベートは、青

家事や育児は、緑

こんな感じ。

具体的には、色鉛筆を使って塗り分けをするだけ。(上の写真を参照してください)

蛍光ペンでもかまいません。

私は、色鉛筆のほうが「大人の塗り絵」感覚でなんとなく癒やされるので、好きです。

とにかく、色分けしておけば、手帳をパッと開いたときに、自分がどんなことに時間を使っていたのかが、よくわかる。

2. 楽しかったことを記録する

次に、どんなことをしたときに楽しかったのか?

一日を振り返ってみて、この「楽しかったこと」について注目をしてみましょう。

例えば、最近の私の楽しみは、図書館めぐり。

面白そうな本をたくさん借りられると、楽しい。

そしてもし可能なら、下記の「AEIOUメソッド」を使って、あなたの楽しみをもっと分析してみましょう。

Activity(活動)

そのときあなたは、どんなことをしていたのか?

(例:知的好奇心を満たそうとしていた、知的好奇心に従った行動をしたいた)

Environment(環境)

そのとき、どんな環境・どんな場所にいたのか?

(例:静かな環境、本、知的なもの、文化的なものに囲まれた環境)

Interaction(やりとり)

やりとりした相手は人間? 機会? いつものやりとりなのか、新しいやりとりなのか、自由なやりとりなのか?

(例:あえていえば、知的なものとのやりとり。いつものやりとり)

Object(モノ)

モノやデバイス、その他の道具を使った? あなたの気分を高めたモノはある?

(例:紙の本というモノに触れると、気分が高まる)

User(ひと)

ほかにその場にいたひとは? そのひとはあなたの体験にプラスだった? それともマイナスだった?

(例:しいて挙げれば、図書館員や本屋の人が親切だったりすると、こっちも嬉しくなる)

3. 今日はどんな一日だったか?

最後に、一日をおおざっぱにまとめます。

これは3行日記で充分。

あとで、明日をよりよくするために(つまりここでは、もっとモチベーションを高めるために)どんなことができるかな? というような視点で振り返ることができるとベストです。

手順はこの3つだけ。

ライフログとモチベーションの関係

では、なぜライフログをつけるとモチベーションが高まるのでしょうか?

まず、モチベーションを高めるための2つのポイントを紹介します。

  • 自分がとりくんでいる仕事や勉強が、自分の価値観とあっている
  • そのとりくみを続けることによって、自分が理想とする未来に近づいていけるという実感を得ることができる

順番にみてみましょう。

自分がとりくんでいる仕事や勉強が、自分の価値観とあっている

例えば希望していた業界、好きな仕事であったとしても、それが自分の価値観とずれていると、モチベーションは低くなります。

より具体的にいえば、

  • それは自分にとって意味がある、と感じられる
  • そして、夢中になってとりくめる内容である

この2つの要件を満たすことができれば、自分の価値観とあっていて、モチベーションは高まっていくといわれています。

それによって、自分が理想とする未来に近づいていけるという実感を得られる

仕事にせよ勉強にせよ、それをやることによって、自分が理想とする未来に近づいていけているのかどうか?

この実感を得ることができないと、モチベーションは低くなります。

例えば、

  • それほど好きな仕事ではないけれど、収入がよい。
  • または、収入はそれほどでもないけれど、長期休暇を取ることができる。

こんなような状態でも仕事を続けていけるというのは、仕事を通じて、自分が理想とする未来に近づいていけるという感覚をどこかで得られているからかも、しれません。

さてここまで、モチベーションを高めるための2つのポイントを紹介しました。

あなたの生活と、あなたの理想や価値観をぴったり合わせよう

ライフログ(生活記録)をつけるということは、あなたの生活を「見える化」することにつながります。

例えば、ダイエットするときに体重計に乗る人は多いと思いますが、それと同じ。

見える化できれば、改善点も見えてくる。

ここで紹介した方法を活用して、

  • あなたの普段の生活やそのとりくみが、自分の価値観や、理想の未来とどのくらい合っているか? についてライフログをつけて見える化して、これを確認する

ということを行ってみてください。

いちばん最初の例でもあげたように、ここがズレていると、モチベーションが低くなります。

ライフログで見える化することにより、ダイエットでいえば「現在の体重」を知ることができます。

そうすれば、「理想の体重」、つまり、あなたの価値観や理想というものも、より明瞭になってくることでしょう。

そのうえで、あなたの現実の生活と、どうやってすり合わせていけばよいのか?

ということについて、考えてみてください。

まずは一週間くらいは続けてみることをおすすめします。

この記事で言いたかったことは、ジブン手帳っていいよね、私はこれで日々の生活をより楽しめるようになりましたよ! ということです。

友だち追加

\無料 Ebook プレゼント/

ストレスや不安を解放しつつ自分軸をつくる簡単な方法
 
・性格と強みの無料診断
・ライフデザインの基礎
・人生がピクニック的に

この記事を書いた人

宇田川 雄士

このブログは、「理想の人生を送るための、あなたらしいライフデザインの方法」というコンセプトで執筆しています。
  
書籍「頭とこころの整理法〔第一版〕」アマゾンにて発売中。

プロフィール詳細は下の「詳細はこちら」より。