マインドフルネス・ジャーナリング

あなたはストレスや不安、考えごとに頭を支配されてしまっていませんか?

頭とこころの整理法とは、あなたの思考と感情を整理して、それを客観的に見つめるための技術です。

あなたは、自分でも知らないうちに他人と自分を比べすぎてしまってはいませんか?

そんなとき大切なことは、「何をすべきか?」ではなく、「どうあるべきか?」 です。

あなたの「考え」や「気持ち」を整理すること。

それは、本当のあなたらしさを取りもどすきっかけになります。

瞑想のイメージ

あなたも、頭とこころの整理法で、穏やかな悟りのある毎日を過ごす技術を身につけてみませんか?

期間限定

アマゾンで販売中の書籍を無料プレゼント

頭とこころの整理法〔第一版〕電子書籍版PDF
頭とこころの整理法 書籍

頭とこころの整理法について知りたい! という方のために、ただいま電子書籍版PDF を無料でさしあげています!

この機会にぜひご活用ください!

電子書籍版(PDF)無料ダウンロード

本当にやるべきことを見つけよう

頭とこころの整理法の特徴

頭とこころの整理法ならではの3つの特徴をご紹介します。

1. やることではなく「思いだすこと」でリストをつくる

これまでの手帳術やノート術、タスク管理システムでは、

「やるべきことはなにか?」

「成し遂げたいことはなにか?」

でリストをつくってきました。

しかし忙しい現代では、取り組むその瞬間にならないと本当にやるべきことがわからない場合があります。

あなたも今日のリストをチェックして、

「やらなくちゃいけないこと、たくさんあるなあ……」

と、気が重くなってしまったことはありませんか?

やることリストのイメージ

思いだすことでリストをつくるので「いまこの瞬間にやるべきこと」に気づくことができる

頭とこころの整理法では、「思いだすこと」でリストをつくります。

思いだすことでリストをつくる
  1. あなたの内側に目を向けて「今日、思いだすべきこと」を確認する
  2. その中からいまこの瞬間に本当にやるべきことを選んでやる

これだけです。

実は、本当にやるべきこと以外のことは、先延ばしにしてもそれほど影響はありません。

本当に大切なことは、本当にやるべきことに気づくということなのです。

思いだすことでリストをつくるメリット

思いだすことでリストをつくるメリットは、次の2点です。

  1. あなたが本質的にやりたい/やるべきと感じていることのみに集中できる
  2. その瞬間に本当にやるべきことが選択できるので、負担なく続けていくことができる
あなたのやりたいことが変化したらどうする?

しかし問題もあります。

そのときの状況や気持ちが変化して、「あなたのやりたいこと」が変わってしまったときは、どうしたらいいでしょうか?

ジャーナリングのイメージ

2. ジャーナリングで内面を見つめることができる

あとで自分の考えや状況が変わってしまったらどうするか?

そのたびに、リストを作りなおす?

頭とこころの整理法では、ひとつひとつの「思いだすことリスト」に、自由に書き込むことのできるスペースを用意しておきます。

自由に書き込むことのできるスペース

ここに、あなたの気持ちの変化や状況の変化を記録していきます。

これにより

  • やるべきこと/やりたいことが変化したらそれを書き留めて
  • さらにそこから深い気づきを得る

ことができるようになります。

3. 手書きでもアプリでも好みのツールで大丈夫

情報カードを使ったときのイメージ
頭とこころの整理法 デジタル 実践イメージ
アプリ(Evernote)を使ったときのイメージ

頭とこころの整理法を実践するために、専用のツールやアプリは必要ありません。

  • 情報カード
  • メモアプリ

であれば、あなたの好みのツールで実践することができます。

ただしツールによって、使いやすいものとそうでないものがあります。

オンラインコンテンツのコーナーでも各種ツールについて紹介しています。

参考にしてください。

テキストPDF 無料でさしあげています

頭とこころの整理法を身につける方法

頭とこころの整理法を身につけるには、下記の方法があります。

  1. 書籍で学ぶ
  2. オンラインセッション・その他
  3. オンラインコンテンツ

順番に説明します。

1. 書籍で学ぶ

頭とこころの整理法 書籍

書籍「頭とこころの整理法〔第一版〕は、アマゾンにて購入することができます。

アマゾンで販売中の書籍を無料で差しあげます

電子書籍(PDF)版はご希望の方に無料で差しあげています。まずは内容をご確認ください。

電子書籍版(PDF)無料ダウンロード

2.オンラインセッション・その他

メール相談やオンラインセッション、ワークショップなどであなたの学びと実践をサポートします。

「学び・身につける」のページを確認してください。

3.オンラインコンテンツ

オンラインコンテンツで学ぶこともできます。

書籍には掲載できなかった動画解説や最新の情報も紹介しています。

オンラインコンテンツ 最近の投稿