あなたの人生におだやかな悟りと成功をもたらす整理法

タップすると目次を開けます

仕事・恋愛・結婚——あなたは人生のわかれ道で、迷ったり悩んだりしていませんか?

自分のありかたを定め、よりよい人生を実現する方法について、知りたくありませんか?

そのための効果的な方法があります。

それは、

  • 自分を知ること

です。

しかし、自分を知って理解できても、それを実生活で活用できないと、意味がありません。

そんなときおすすめの方法があります。

それが、「頭とこころの整理法」です。

頭とこころの整理法とは?

この整理法は、「よりよく生きる」という目的のために考案されました。

よりよく生きるとは、「自分らしく、幸せで充実した人生を送る」というような意味です。

カード → ジャーナリング → タスク

頭とこころの整理法は、あなたの頭に浮かんでくる考えや気持ちをカードに書きだして、それをグループごとにまとめていく手法です。

  1. 頭に浮かんでくる考えや気持ちを書きだしていく「ジャーナリング」
  2. アイデアやデータをカードに書きだしてグループごとにまとめていく「KJ法」

このふたつをあわせたもの、とイメージしていただくと、わかりやすいかもしれません。

しかしもちろん、これだけではありません。

書きだしたひとつひとつのカードを、「タスク(取り組むべき行動)」として扱うことで、タスク管理術としても活用することができます。

おおまかな流れ

ここまでの流れを整理してみましょう。

  1. 頭に浮かんでくる考えや気持ちを書きだす
  2. それらをグループごとにまとめて整理する
  3. さらにひとつひとつの「考えや気持ち」をタスク化して、実践する

不安やストレスを消す技術として

このように、頭に浮かんでくる考えや気持ちを具体的な行動に変化させることには、おおきなメリットがあります。

それは、不安や焦り、ストレスや迷いを消去できる、ということ。

例をあげて説明します。

ストレスや不安を解消するシンプルな原理

例えば、

「そういえば、クレジットカードの引き落とし残高って足りていたっけ?」

という不安が、あなたの頭に浮かんできたとします。

このとき、

  1. クレジットカードの引き落とし金額を確認する
  2. 引き落とし口座の残高を確認する

というふたつの行動を行えば、不安を解消することができます。

実はこの原理は、どんなことにも応用可能です。

  • 人生に関する問題
  • 怒りや嫉妬
  • ストレスフルな状況
  • 人生に迷ったとき
  • 自分がわからなくなったとき

このような、一見、複雑そうにみえるテーマにも対応できて、解決したり、解消したりすることができます。

では、なぜ多くの人は、この当たり前にも思えることを実践しようとしないのでしょうか?

おそらくですが、

  • 自分を知る方法をよく知らない
  • はじめから正しい答えをださないといけないと思い込んでいる、失敗したくない

からではないでしょうか?

頭とこころの整理法では、これらの壁を乗り越えるための簡単なアイデアとして、

  • 対処法を決めて、まずは一歩だけ踏みだしてみる

ということを教えています。

より詳しくは、このあとで紹介する書籍やオンラインスクールで学んでください。

夢や目標を達成する技術として

もちろん、ポジティブな方向にも活用できます。

あなたがやりたいことや、達成したい目標。

これらを書きだして、整理して、タスク化する。

そして、対処法を決めて、まずは一歩だけ踏みだしてみる。

これを「ボトムアップのアプローチ」といいますが、一歩ずつ踏みだしていくことで、夢や目標を達成する道のりが、ハイキングのように楽しいものに変化します。

こんな「頭とこころの整理法」ですが、他の整理術やタスク管理術と、どう違うのでしょうか?

[目次にもどる]


ほかの整理術やタスク管理術とどう違うのか?

頭とこころの整理法は、ほかの整理術やタスク管理術との違いはどこでしょうか?

おおきなポイントは、

  1. 気になっていることを書きだす
  2. 箇条書きではなくカードを使う

のふたつです。

順番に説明していきましょう。

1) 気になっていることを書きだす

一般的な整理術やタスク管理術は、「達成」にフォーカスしていることが多いようです。

やりたいこと、叶えたいこと、夢や目標、仕事でやるべきこと。

これらをいかにして達成するか?

いかに先延ばしせず、効率的にタスクをこなしていくか?

という感じです。

気になっていることを書きだす理由

しかし、頭とこころの整理法では、そのような考えかたはしていません。

  • やりたくないこと、やりたいかどうかわからないこと、なんとなく思いついたこと

これらも含めて、書きだしていきます。

これらをすべてまとめて、「気になっていること」と呼びます。

では、なぜ、気になっていることを書きだしていくのか?

その理由はシンプルです。

人間の頭のなかは、やりたいこと、叶えたいことだけではないからです。

あなたが「本当は」気になっていることを無視して、やるべきこと、達成すべきことだけに集中しようとするのは、実は余計なエネルギーを使ってしまいます。

ですから、気になっていることをすべてを書きだして、整理しておく。

このほうが、本当にやるべきことを達成しやすくなるでしょう。

思いだすことでリストをつくる

頭とこころの整理法では、その人の状況にもよりますが、いわゆる「やることリスト(To Do リスト)」はほとんどつくりません。

代わりに「思いだすこと」でリストをつくります。

なぜか?

時間を効率的に活用するためです。

忙しい現代では、あらかじめ立てたスケジュールが変更になってしまうことが、少なくありません。

それに、昼夜を問わず、情報がはいりこんできます。

こういう状況では、スケジュールを立てるよりも、そのときどきの状況にあわせて柔軟に、いまできる最善を選択・行動できるようにしておくほうが、時間を効率的に使えることが多いのです。

頭とこころの整理法でつくるリストは、自分がどんなことを気になっていたかを「思いだすため」のリストです。

そしていまの自分の状況にあわせて、必要なこと、やったほうがよいことを、ひとつ選んで実行する。

これだけです。

次の予定を気にしたり、チェックしたり、管理したりする作業は、最低限にしませんか?

先延ばししてもよいものを見分ける

またほかのタスク管理術には、「先延ばしが少なくなる」といったメリットも多いようです。

しかし本来、「先延ばし」は悪いことではありません。

もちろん、私たちの生活には「これはやるべき」というものがあって、それを先延ばしすることは、よくないです。

しかし冷静に判断してみると、実は先延ばししても問題ない、そんな作業もたくさんあります。

もっといえば、先延ばししたほうが、よい結果をもたらすものもあるでしょう。

本当は、このあたりの客観的な判断ができることのほうが、重要だと思いませんか?

これも、ほかのメソッドとの違いといえるでしょう。

2) 箇条書きではなくカードを使う

やることリストは、普通は「箇条書き」のことが多いです。

こんな感じですね。

しかし頭とこころの整理法では、カードまたはノートを使います ↓

カードに手書き
アプリに入力

理由は、単純に箇条書きだとメモできるスペースが少ないからです。

実は箇条書きリストが効果を発揮するのは、

  • 買いものリストやルーチンワークなど、すでに経験済みの単純な行動だけ

ともいえます。

もちろん、夢や目標をリストアップすることにもそれなりの効果はあります。

しかし、本当に実現させようと思うならば、だんぜん、メモやノートを使うべきです。

情報量やイメージ力が、まったく違うからです。

頭とこころの整理法がほかと違うのは、これらのメモやノートを「タスク化」して管理できる点です。

[目次にもどる]


頭とこころの整理法のメリット

頭とこころの整理法の最大のメリットは、

  • 日常生活のなかで、悟りを得たような感覚になれる

ことです。

これは言葉では、なかなか表現できないのですが、

とにかくすっきりして気分がいい!

そんな幸福度満点の状態になります。

  1. あなたの頭のなかにある「気になっていること」を書きだして、それをグループにまとめて整理する
  2. さらに、ひとつひとつの「気になっていること」をタスクとして実行することで、気になっていることを解消していく

頭とこころの整理法を実践することで、あなたが「気になっていること」を消していくことができます。

「気になっていること」には、重要なものも、そうでないものもあります。

しかしここでは説明のために、それらを「雑念」みたいなものだとイメージしてください。

これが、なくなっていく。

すると、頭のなかがクリアになっていきます。

静かな海のイメージ

あなたの頭のなかの雑念が消え、心が静かな水面のように澄んでいる状態

これが、一種の悟り的感覚です。

その体験には、なんともいえない強い幸福感、充実感がともないます。

自分自身のすべての人生、すべてのできごとが美しく完璧に配置されているかのような、うっとりするような感覚。

瞑想に親しんでいる人は、このような感覚を得ることがあるかもしれません。

一流のクラシック音楽の演奏を聴いたときの恍惚感に、似ているかもしれません。

いずれにしても、日常生活のなかで、ふとした瞬間にこのような感覚が訪れるようになります。

この幸福感、充実感こそが、他にはない、もっとも大きなメリットといえるでしょう。

実際に問題解決、目標達成されているからそうなる

実はこれ、特別なことではありません。

単純に、あなたが気になっていることを、ひとつずつ解消しているだけです。

気になっていることというのは、

  • やりたいこと
  • 叶えたいこと
  • 夢や目標
  • 仕事でやるべきこと
  • 不安に感じていること
  • ストレスを感じていること
  • やらないかもしれないけどなんとなく気になっていること
  • やりたくないと思っていること
  • 人には言えないこと

などなど、あなたの頭に浮かんでくることのすべて、です。

頭とこころの整理法では、これらをひとつひとつ、解決したり、解消したりすることができます。

もちろん、普段の生活を送るなかで、新しい「気になること」が浮かんでくるでしょう。

しかし、「雑念」が消えたあとで浮かんでくることは、いわば「本当にやりたかったこと」を思いだすような感覚でもあります。

ストレスや不安を整理して、あなたが望む人生を手に入れる

頭とこころの整理法を習慣にして、ストレスや不安を解消できると、次は「あなたがやりたかったこと」に取り組むことができるようになっていきます。

  • 好きなことを見つける
  • 収入を増やす
  • 理想のパートナーに出会う
  • 仕事で成功する
  • 起業を成功させる
  • ダイエットがうまくいく
  • リーダーシップを発揮する
  • 作業の効率化
  • ストレスをなくす
  • 不安をなくす

原理は同じなので、基本的にはどんなことにでも、対応することができます。

ただしそれは、引き寄せの法則のようなものではありません。

定められた手順にしたがってあなたが身につけたスキルによって、もたらされるのです。

そのため根拠と再現性があります。

最終的には、「あなたが望む人生を創造する」という段階に進んでいくことでしょう。

あなたも頭とこころの整理法を学んでみませんか

オンラインスクールを活用することで、いつでもどこでも、頭とこころの整理法について学ぶことができます。


頭とこころの整理法の歴史と書籍紹介

頭とこころの整理法は、宇田川 雄士によって開発されました。

きっかけ

きっかけとなったのは、職を失ったことです。

職を失ったことで、これからの人生について真剣に考えるきっかけを得ました。

また同時に、考えを深めるための時間も得ることができました。

そこで得た気づきは、ごく単純なものでした:

「まずは自分がどんな人生を送りたいのかをよく知り、そこからやるべきこと、やりたいことを考えていこう」

このような考えから、

頭とこころの整理法は、「自分がどんな人生を送りたいのかを知る方法」として開発されました。

2012年頃より試行錯誤を重ね、2019年に「頭とこころの整理法」として編纂し、発表をしました。

現在、書籍としてアマゾンで購入することができます。

なお書籍は、新版の執筆のため、2021年の5~6月頃に販売を中止する予定です。

代わりにオンラインスクールを開設しました。

現在、書籍のテキスト全文をオンラインスクール上で閲覧することができます。

頭とこころの整理法の基本的な手順

頭とこころの整理法の基本的な手順についてご紹介します。

Step1 気になっていることを書きだす

はじめに、あなたが気になっていることを書きだしていきます。

情報カードやメモアプリでできます
書きだしかたの例

頭のなかに浮かんでくるすべてのことを書きだすことができると、ものすごくすっきりして、ストレスフリーになることができます。

Step2 書きだしたものを分類する

次に、書きだしたものを似たもの同士で分類して、グループを作っていきます。

情報カードを使っているところ
メモアプリを使って分類したところ

頭とこころの整理法では、このグループのことを「プロジェクト」と呼んでいます。

気になっていることをプロジェクトに分類することで、自分が人生において取り組んでいることを俯瞰することができます。

Step3 プロジェクトの計画を立てる

このステップでは、プロジェクトの目標や目的を明確化していきます。

例えば「資産とお金の管理」プロジェクトには、どんな目的、どんな目標があるのか?

こういったことをはっきりさせていきます。

プランニング記入例

これによって、たくさんのプロジェクトの価値観や優先度がわかるようになります。

Step4 気になっていることを実行して消す

実は、気になっていることというのは、それを実行すれば「消す」ことができます。

例えば、「きちんと戸締まりをしたかどうかが気になる」のであれば、それを確認すれば、もう気にならないですよね?

単なる箇条書きではなく、ひとつのタスクに対して詳しく情報を書き込めるところがポイント

これと同じ要領で、あなたが日々の生活において、そして人生において「気になっていること」をひとつずつ、実行していきましょう。

「アクション」と呼ばれているこのステップでは、このような単純なやりかたで、あなたが抱えている問題を解決し、目標を達成していくことができます。

基本的な手順は以上です。

より詳しく学びたいときは、オンラインスクールを活用してください。

期間限定「無料」公開

オンラインスクールで学び、身につけることができます

頭とこころの整理法を習慣にしたい方のために

2021年1月より、オンラインで学習できるよう環境づくりを整えてきました。

そこで開設されたのが、

  • 「頭とこころの整理法 オンラインスクール(名称 Quiet Style)」

です。

では、手順を解説している書籍の全文をウェブ上で公開しているほか、

  • スタートアップガイド
  • ケーススタディ
  • フォーラム

を活用することができます。

現在、無料で参加することができます。

ご注意:サポート充実のため、頭とこころの整理法 オンラインスクールは、2021年5月頃を目処に、有料化を検討しています。
それまでは無料ですべてのコンテンツを利用できますが、「ぜひ学んでみたい!」という意欲のある方のご参加をお待ちしております。

頭とこころの整理法は、シンプルで効果的なメソッドですが、「楽して何かを手にしたい」という方には向きません。

また自分を知り、向きあっていく必要があるので、「交流したい、仲間をつくりたい」という人にも向かないでしょう。

何よりも、自分自身と仲良くなる必要があるからです。

人生の自立、自律のためのスキルとして身につけたい、という方のご参加をお待ちしています。


事例紹介

ここでは、頭とこころの整理法の実践事例を紹介します。

1. ストレスや不安、焦りからの解放

頭のなかに浮かんでくる考えや気持ちは、見ることができません。

そこで、書きだすことで「見える化」します。

頭に浮かんでくることを書きだすことを、ジャーナリングと呼びます。

ジャーナリングも効果的です。

ですが、ストレスや不安など、ネガティブな感情を解放するためには、もっとよい方法があります。

それは、「対処法を決めて書きだす」ということ。

対処法というのは、ここでは「動作」のことだと思ってください。

例えば、次のように書きだしたとしましょう。

「最近、仕事がストレス」

ジャーナリングとしては、この書きかたでも OK です。

しかし頭とこころの整理法では、対処法を決めて書きだすようにします。

「最近、仕事がストレスなので、何かいい方法がないか考えてみる

ここでは「考えてみる」が対処法になります。

このように、とりあえずでもいいので、いまできる対処法を決めておく。

これだけで、解決への一歩を踏みだすことができます。

2. 目の前のやるべきこと・やりたいことに集中する

目の前のやるべきことに集中して、生産性を高めるにはどうすればよいと思いますか?

  • 気になっていることを安心して忘れることができて、必要なときに思いだせる状態

このような状態をつくることが大切です。

そうすれば、目の前のやるべきことだけに集中できますよね。

頭とこころの整理法では、情報カードやノートアプリなどを活用して、このような整理のためのシステムをつくっていきます。

頭とこころの整理法 デジタル 実践イメージ

このシステムを活用することで、「問題が解決されていないのに気分がすっきりしている状態」を得ることもできます。

なぜなら、その問題に対処すべき必要があるときまでは、安心して忘れておくことができるようになるからです。

3. 効率のよいスケジュール管理の秘訣

最大限に効率のよいスケジュールとは、どのようなものだと思いますか?

答えは、「スケジュールを立てないこと」です。

これは冗談ではなく、そのときの状況に応じて最適な「やるべきこと」を選択できるのであれば、そもそもスケジュールは必要ないのです。

(ただし、他人との約束など守るべきルールは別です)

例えば仕事のとき、必要な資料や顧客とのやりとりメールが見つからなくて、時間を無駄にしてしまうこと、ありませんか?

スケジュールもこれと同じです。

やるべきこと・やりたいことが必要な場所に整理・収納されていて、いつでも確認できるようになっていれば、予定を立てる作業は最低限で済むのです。

頭とこころの整理法では、気になっていることを書きだし、それをグループ化することで「プロジェクト」という単位で整理していきます。

プロジェクト単位で管理することで、優先順位をつけやすくなり、無駄なスケジューリングを減らし、効率よく管理できるようになります。

あなたは、いまやるべきことが本当に「それ」だと確信できていますか?

この方法なら、一瞬でそれがわかるようになる、といっても言い過ぎではありません。

4. 気持ちと行動を一致させる

やることをリストアップしたあとで、それを実際に行動にうつすとき、すでに自分の気持ちや周囲の状況が微妙に変わってしまっている。

実はこれ、よくあることです。

あなたも、やるべきことをリストアップして、実際にやる段階になったら、なんだか気が重たくなってきた、という経験はありませんか?

そこで頭とこころの整理法では、「思いだすこと」でリストをつくります。

なぜなら人は、行動する前にそれを思いだすからです。(思いだす前に無意識でやってしまう行動もあります)

そのうえで、箇条書きではなくカード(メモ)を活用することで、あなたの気持ちや状況の変化を書きとめることができるようになっています。

これにより、あなたの内面を見つめ、あなたの気持ちと実際の行動を一致させることができるようになっていきます。

自分らしさを発揮できるようになっていく、と言いかえることもできるでしょう。

5. 記録の力で習慣化を促進

やるべきことを箇条書きではなくカードで管理するメリットは、他にもあります。

このように、タスクの下に実行記録をつけ、習慣化を促進させることができるという点です。

記録をつけておくことで、記憶に頼る必要がなくなっていきます。

細かいように見えますが、さまざまな作業の記録をつけておくことで、記憶力、思考力の無駄を省き、本当にやりたいこと、やるべきことに集中することもできるようになります。

6. 整理が苦手な場合は…

実は頭とこころの整理法は、整理が苦手な人でもできるようになっています。

理由はふたつあります。

  • 頭のなかは他人には見えないので、自分のペースで整理できる
  • ノートアプリを使えば、クリックするだけで自動的に整頓(並べかえ)してくれる

物理的な「モノ」を扱うわけではないので、「書きだす」というジャーナリングの手順さえ習慣化できれば、それだけでも「整理できたすっきり感」を味わうことができることもあります。

[目次にもどる]