スマホにハマると人生が変わってしまう

2016年頃のことです。

当時の私は、仕事と家事、育児に追われる毎日。

そんな中、ふと「そういえば奥さんは毎日、なにをしているんだろう?」と思うことがありました。

冗談ではなく、毎日がそれくらい忙しかったのです。

よくみると、一日中スマホをやっている。

というよりも、授乳のほかにはスマホしかしていない。

「何しているの?」

「ちょっと調べもの・・」

使用時間を確認させてもらいました。

なんと、一日に7〜8時間はスマホをながめている・・。

「それって仕事じゃん」

私は思わずそう、漏らしてしまいました。

でも、時間よりもっと、気になることもありました。

——本当は、スマホで何をしているの?

まあ浮気とかではなく、いわゆる政治的なコンテンツにはまってしまった、ということ。

産後うつ的なものも、あったのかもしれません。

この記事では、このような私の体験をとおして、

についてお伝えしたいと思います。

私自身が、スマホ断ちをしたことにより、どんな風に人生が変わったのか? ということがわかると思います。

自宅でひとりで好きなことで起業する方法【無料】

4.6

内向型起業の5つのステップを無料でゲットする方法があります。

さらに、アマゾンで実際に販売中の本をいまだけ全文、無料プレゼント中

[いますぐ読む]

第1章

スマホ断ちとスマホ離婚

「スマホ離婚」という言葉があります。

何が離婚の原因になるか?

コミュニケーションです。

注意をスマホに奪われ、家族とのコミュニケーションが成り立たなくなるからです。

常にスマホファーストで、家族は二の次、三の次。

何のために一緒に暮らしているんだろう?

疑問をいだき、離婚に至る。

そういう感じらしいです。

我が家は、離婚しないで済みました。

ピンチを脱出できた理由は、何か?

そのひとつとして、「私自身がスマホ断ちの経験があったこと」だと思っています。

スマホにハマる危険性や、スマホ断ちのメリットやデメリットを、実体験として知っていたのです。

だからこそ、奥さんがスマホにハマってしまったときも、うまく対処できたように思えるのです。

そこで次の章では、具体的なスマホ断ちのやりかたと、そのメリットデメリットをわかりやすく紹介します。

[目次へ戻る]

第2章

スマホ断ちのやりかたとそのメリットデメリット

じゃあ、「スマホ断ち」は具体的にどうやればいいでしょうか?

まず大きく分かれるのが、

  1. スマホを解約しない「デジタルデトックス」
  2. スマホを解約する「完全なスマホ断ち」

です。

1) デジタルデトックスとは?

デジタルデトックスとは、一定期間スマートフォンやパソコンなどのデジタルデバイスとの距離を置くことでストレスを軽減し、現実世界でのコミュニケーションや、自然とのつながりにフォーカスする取り組みです。

デジタルデトックスジャパン より引用

デジタルデトックスとは、「一定期間スマホから距離を置く」というやりかたです。

これも一時的なスマホ断ちといえるでしょう。

2) 完全にスマホ断ちすると、時間の使いかたや人間関係が変わり人生も変化する

しかし完全にスマホを断つには、やはり「解約」がベストです。

なぜなら時間の使いかたや人間関係が変わり、人生が変わるからです。

また連絡先が消えてしまうので、人間関係をリセットするきっかけになります。

一時的なデジタルデトックスと違い、その後の生活が根本から変わる可能性が高いです。

その結果、人生も変わることでしょう。

スマホ解約直後に不安に襲われた私の経験

ただし解約した直後は、気持ちが安定しないかもしれません。

実は私が、そうでした。

つながりを失ったような気分になり、とても不安な気持ちになったのです。

「なにか、重大なニュースを見落としているのでは?」

「自分だけが貴重な情報から取り残されているのでは?」

でもそんな不安も、2〜3日で消えてなくなりました。

ある意味、幻を怖がっているようなものだったのでしょう。

それに私の場合、単に「スマホ断ち」をしたにすぎません。

なので、仕事でもパソコンは使っていました。

スマホ断ちのメリットとデメリット

そんなスマホ断ちのメリットとデメリットを紹介します。

スマホ断ちのメリット

  • 携帯電話料金の節約
  • 気分がすっきりする
  • 目が疲れにくくなる
  • 読書の時間が増える
  • 日々の生活での充実感が高まる
  • 仕事の効率がアップした

特に仕事に関しては、電話回線を解約したことで、顧客対応がずいぶん楽になりました。

それまでは、土曜日の夜遅くにお客さんから電話がきて、対応しないといけないこともあったからです。

スマホ断ちをしたことで、目の前のやるべきことに集中できるようになった気がします。

スマホ断ちのデメリット

デメリットもあります。

  • 家族との連絡が取りにくい
  • 仕事で外出するとき連絡が取りにくい

ここまでスマホが一般的になってくると、他者とのやりとりも、それが前提となることが多いです。

なので、スマホを持っていないことで連絡が取りにくくなることが、よくありました。

[目次へ戻る]

第3章

スマホ断ちをはじめるとき、やめるとき

現在、私はスマホを使っています。

先ほどお伝えした、スマホ断ちのデメリットによるものです。

具体的には、子供が生まれたからです。

  • 子供が生まれると病気や事故など緊急連絡が必要になることが増える
  • 夫婦で外出したときも、オムツ換えや子守りの間に片方が買いものに行くなど、お互いに連絡を取りあいつつ別行動できると便利
  • 保育園から連絡が来たときもスマホのほうがはやく対応できる
  • 保育園からの連絡はプリントではなく専用のアプリで行われる(← NEW)

このような理由から、子供が生まれてからは、スマホ断ちをやめました。

そして再度、スマホを契約しなおしました。

どんなときにスマホ断ちをするべきか?

実際にやってみて思うのは、「スマホ断ちはそれほどたいしたことではない」ということ。

確かにスマホを解約することで、人間関係はリセットされる部分があるかもしれません。

でも、本当に大切な人との関係は、なんだかんだで残ります。

困ったらいつでも契約しなおせる

それにスマホというものは、困ったらいつでも再契約できます。

やめたら二度と手にはいらない、というものではありません。

なので、ものすごく慎重な判断が必要か? というと、実はそれほどでもないのです。

しかしそれでも、これだけ日々の生活に密着しているスマホですから、やめれば生活が変わることは確かです。

もしあなたが、真剣に自分の生活そして人生を変えたいと感じたときは、スマホ断ちを試してみてもよいかもしれません。

ただし先ほどお伝えしたように、お子さんがいらっしゃる場合は、難しいです。

なので、独身の間がスマホ断ちできるタイミングかもしれません。

まとめ:スマホ断ちをすると「実は自分がスマホに操作されていたこと」に気づける

私自身がスマホ断ちをしてみた実体験からいえることは、

  • スマホ断ちは、コミュニケーションを改善させる可能性がある

ということです。

自分が楽しんでスマホをしていたつもりだったけど、実はスマホに操作されていただけなのでは?

スマホ断ちをすると、そう感じることがあります。

画面に向けていた注意力を温存できるようになり、自分や他人ときちんと向きあえるようになります。

自分と向きあうことで人生をよりよい方向へ変化させられる

このような体験から私は、「自分と向きあい、自分とうまく付きあう」ことが人生を変えるポイントになるのだ、と感じました。

もしあなたが自分と向きあい、よりよい方向へ人生を変えていきたいと感じていらっしゃるならば、私が考案した「頭とこころの整理法」をチェックしてみてください。

まずはデジタルデトックスからでもよいかもしれない

スマホを解約する「スマホ断ち」がむずかしい場合は、一時的にデジタル機器から離れる「デジタルデトックス」を試してみてもよいかもしれません。

「スマホは悪いもの」などというつもりは全然ありません。

この記事を参考にして、あなたにとってよりよい使いかたが見つかるといいなと思います。

自宅でひとりで好きなことで起業する方法【無料】

4.6

内向型起業の5つのステップを無料でゲットする方法があります。

さらに、アマゾンで実際に販売中の本をいまだけ全文、無料プレゼント中

[いますぐ読む]

この記事を書いた人

宇田川 雄士

あなたの人生におだやかな悟りと成功をもたらす整理法「頭とこころの整理法(EJ)」の考案者です。
 
頭とこころの整理法とは?