コーネル式ノートで勉強や仕事の成果を高める方法

「もっと勉強ができるようになりたい!」

と思ったことはありませんか?

「もっと楽に仕事の成果をあげたい!」

と考えたことは??

私は、どちらもあります。

そこで、いろいろ調べてみました……

どうやら、ちょっとしたノートのとり方の違いで、勉強の効果や仕事の成果が大きく変わってくるみたいなんです。

単なる暗記ではなくて、情報をきちんと消化して、あなたの知識へ変える方法です。

それが、

  • コーネル式ノート(コーネル式ノート術)

です。

私は仕事柄、さまざまなノート術や思考法を実践しています。

それで気づいたのですが、コーネル式ノートは、万能なノート術ではありません。

しかし、だからこそ「コーネル式ノートならでは」のメリットも、たくさんあるのです。

そこでこの記事では、

  • コーネル式ノートのメリットとデメリット
  • コーネル式ノートのとり方
  • コーネル式ノートを準備する方法
  • コーネル式ノートのさまざまな実践事例

などをわかりやすく、紹介していきます。

気になることを書きだすだけで人生が変わる方法【無料プレゼント】

仕事や人間関係など、あなたはこれからの人生の方向性について悩んでいませんか?

頭の中を整理して、あなたが本当に望んでいるものを見える化して人生を変えるシンプルな方法です。

アマゾンで実際に販売中の本をいまだけ全文、無料公開中

[いますぐ読む]

第1章

コーネル式ノートとは?

コーネル式ノート(Cornell Note-taking System)は、

  1. ノートをとって
  2. 内容を整理して
  3. 見なおす

ためのノート術です。*1

1-1. コーネル式ノートは、大学の勉強のために考案された

コーネル式ノートは、1940年代に、コーネル大学教授であるウォルター・パーク(Walter Pauk)によって考案されました。*2

パークは、ベストセラーとなった著書「How to Study in College」の中で、コーネル式ノートのとり方を紹介しています。*3

このような経緯から、コーネル式ノートは、大学での勉強を効果的にするためのノート術、といえるでしょう。

現在では、勉強以外のさまざまな「学び」にも活用されている

しかし現在、コーネル式ノートは、さまざまな分野で活用されています。

大学の勉強だけでなく

  • 資格対策
  • ビジネスミーティング
  • 読書

などにも活用されています。

この記事の最後に、さまざまな使用事例を紹介させていただきました。

あとで参考にしてみてください。

1-2. 社会人だからこそ、大人の勉強にコーネル式ノートを活用しよう

もちろん、ここ最近その必要性が高まってきている、「学び直し・大人の勉強」にも効果を発揮することでしょう。

これからの働きかたについて考えるうえで、「学び直し・大人の勉強」は必須になりつつあります。

これからは、仕事以外でのスキルが人生の幸福度を決めるともいわれています。*4

そこで個人的には、

  • 忙しい社会人だからこそ、効果的に学びを深めるノート術を身につけておく

ことをおすすめします。

1-3. コーネル式ノートのイメージ

そこで次に、コーネル式ノートのイメージを見てみましょう。

コーネル式ノートのイメージ
コーネル式ノートのイメージ

コーネル式ノートはとてもシンプルで、上図のように、白紙のノートを3つのエリアに分けるだけで完成します。

  1. ノートエリア
  2. キーワードエリア
  3. サマリーエリア

です。

ちなみに、ノートのタイトル欄も含めた4つのエリアを作るパターンもあります。タイトル欄は、なくても問題ありません。あなたの状況にあわせて追加してみてください。

では、それぞれのエリアについて、まずは簡単に紹介していきましょう。

1) ノートエリア

はじめに書き込むエリアです。

授業や会議、聞いた話の内容などをメモします。

2) キーワードエリア

ノートエリアに書き込んだことに対して、疑問やコメントがあれば、このエリアに書き込んでおきます。

3) サマリーエリア

最後に、授業で学んだことや、ページの内容の「まとめ」を記入します。

1-3. コーネル式ノートのメリットとデメリット

コーネル式ノートは、「学ぶこと」に特化したノート術だといえます。

情報をインプットして、自分なりに咀嚼して、アウトプットできるようになることに、特に効果を発揮するはずです。

なぜならば、ノートを自分の言葉でまとめることで、内容を振り返ることができるからです。*5

コーネル式ノートのメリット:高い勉強効果

ノートを自分の言葉でまとめる作業によって、より高いレベルの思考を活性化させることができる、と言われています。*6

コーネル式ノートは、ただ単にノートを書き写すだけでありません。

自分の頭で考え、振り返るところまでを含めたノートのとり方です。

だからこそ、勉強効果が高まるのでしょう。

コーネル式ノートのデメリット

代わりに、ひたすら書いて暗記するような使いかたは、向いていないかもしれません。

ちなみに、迷っていることを決断するためには、下記の思考法が役立ちます。

第2章

コーネル式ノートのとり方

ここまでで、コーネル式ノートの概要について、わかりやすくまとめてきました。

第2章では、コーネル式ノートのとり方について、わかりやすく解説していきます。

2-1. 簡単3ステップで覚える「コーネル式ノートのとり方」

といっても、覚えるべきステップは、3つだけです。

この記事では、How to Use Cornell Notes(動画)を参考にして、コーネル式ノートのとり方を紹介します。

Step1 ノートやメモをとる

まずは、ノートエリアに授業内容やメモなどを書き込みます。

コーネル式ノートのノートエリアのとり方

ポイントは、文字を一字一句そのまま書き写すのではなく、要点を絞ってメモしていくこと。

  • 要点とは、自分が知りたい情報や、大切だと感じる情報のこと

記号や略称を使うことで、授業や会話などのスピードに遅れず、すばやくメモすることができます。

Step2 疑問点やコメントを記入する

次に、キーワードエリアに疑問点やコメントなどを書き込みます。

コーネル式ノートのキーワードエリアのとり方

ノートの内容を振り返ることで、先生に質問すべき内容や、学習すべきポイントを見つけることができます。

キーワードエリアを活用することは、授業の内容に積極的に関わることにつながっていきます。

Step3 内容をまとめる

最後に、ノートの内容をまとめます。

コーネル式ノートのサマリーエリアのとり方

長くならないよう、簡潔さを心がけてください。

要約は難しく感じることがありますが、ぜひチャレンジしてみましょう。

要約のスキルを高めることで、得た情報を自分の知識へと変えることができるからです。

また授業の前に前回の要約を見なおすことで、学びに継続性が生まれます。

2-2. コーネル式ノートの準備のしかた

次に、コーネル式ノートをどうやって用意すればいいか? についてもわかりやすく説明しておきます。

1) 自分のノートをコーネル式にする

コーネル式ノートを実践するために、特別な道具は必要ありません。

ふだん使いのノートに、下図のように自分で線をひけばよいだけだからです。

ノートに線を引いて分割する

2)コーネル式ノートを購入する

また下記のような、コーネル式専用のノートを活用してもよいでしょう。

3) コーネル式ノートを印刷する

下記のページでは、印刷用のコーネル式ノートのテンプレートを PDF で配布してくれています。

まとめ

コーネル式ノートは、ただ書き写すだけでなく、自分の頭で考えることができるため、高い学習効果を得られるノート術です。

そして、このとき大切になってくるのは、「何を学ぶのか? の選択」です。

特に社会人であれば、スキルアップのための勉強は欠かせないと思います。

コーネル式ノートは勉強のためのノート術ですが、「ジャーナリング」についても学んでおくとよいでしょう。

参考

1) https://medium.goodnotes.com/study-with-ease-the-best-way-to-take-notes-2749a3e8297b

2) https://en.wikipedia.org/wiki/Cornell_Notes

3) https://www.amazon.co.jp/How-Study-College-Walter-Pauk/dp/1133960782

4) 自信がつく! 毎日が面白くなる! 大人の「勉強」大作戦 (日経ホームマガジン P.18

5) https://medium.goodnotes.com/study-with-ease-the-best-way-to-take-notes-2749a3e8297b

6) How to Use Cornell Notes

気になることを書きだすだけで人生が変わる方法【無料プレゼント】

仕事や人間関係など、あなたはこれからの人生の方向性について悩んでいませんか?

頭の中を整理して、あなたが本当に望んでいるものを見える化して人生を変えるシンプルな方法です。

アマゾンで実際に販売中の本をいまだけ全文、無料公開中

[いますぐ読む]

この記事を書いた人

宇田川 雄士

あなたの人生におだやかな悟りと成功をもたらす整理法「頭とこころの整理法(EJ)」の考案者です。
 
詳しくは、「頭とこころの整理法とは?」のページを見てください!