ここのところ、「後払いキャッシュレス決済」っていうのが急増しているそうです。

これって ZOZOTOWN の「ツケ払い」をイメージしてもらえるとわかりやすいかと思うのですが、その中でも「atone」というサービスに関していえば……

  • 20〜30代の女性客の利用がメイン
  • 平均顧客単価が他の決済手段よりも高い
  • 販売側の作業も軽減される

……といった特徴があるそうです。

後払い(ツケ払い)というと、ついつい使いすぎてしまいそうな気がしますよね。

しかし atone に関していえば、最大で月間5万円までと決められているため、使いすぎも抑えられるのでしょうね。

特に面白いな、と感じたのは……

atoneの場合、自らコンビニに出向いて現金で支払うことになる。一見手間がかかるようだが、使う場面では「手間いらず」のキャッシュレスの便利さを感じられ、実際の支払いは「手触り感」による安心を得られる点が魅力になっているようだ。

ユーザー心理にはまる 後払いキャッシュレスが急増

……この部分。

支払いは後日、コンビニで現金で、という手間のかかるやりかたが、かえって安心感を得られるポイントとなっているとのこと。

個人的には、実際のお金の「手触り感」って大切だなと思っています。

なんでかっていうと、それが薄れると、ついつい必要のないものを買ってしまいがちになるからです。

そもそもいくら使ったのかさえ、わからなくなってしまうこともあります。

多少、手間がかかっても、自分のお金をきちんと把握できているっていうのが大切かなあ、と思います。

うまく生きるのではなく、よりよく生きるには?

このブログを訪問された方にアマゾンで販売中の書籍
「頭とこころの整理法〔第一版〕」
いまなら無料で差しあげています