「仕事が辛い。自分に向いている仕事ってなんだ?」

もしもあなたが繊細すぎて苦労しているのなら、HSPの可能性があります。

HSP とは「とても繊細な人」のこと。

私も会社勤めには、苦労してきました。

「HSP は、天職を見つけるべきか? 創るべきか?」

あなたはどちらだと思いますか?

  • HSP は、天職を自分で創ることで、その繊細さを強みにすることができる

これが、私の体験に基づく実感。

15年前に会社を辞めたところから、天職の創造がはじまっていたのでした。

1. HSP とは

HSP とは、Highly Sensitive Person の略で、「とても繊細な人」という意味です。

  • 他人の表情の微妙な変化
  • 空調などのかすかな音や空気の変化

HSP は、このような微妙な変化によく気がつきます。

あなたはどうですか?

他にも

  • 職場での人付き合いが苦手
  • もう少し、静かな環境で働きたい
  • 他人の顔色が気になってしまう。うまく自己主張できない

こんな風に感じている場合は、もしかしたら HSP かもしれません。

HSP とは、心理学者であるエレイン・アーロンが1990年代に提唱した言葉。

朝の花のイメージ

1-1. HSP かどうかを診断するには?

自分が HSP かどうか、どうやって診断すればいい?

公式サイトの「Are You Highly Sensitive?」をチェックしてみてください。

もしもあなたが、このテストで高得点をとってしまったら、どうしたらいい?

まずは、あなた自身の HSP 傾向に向き合うことを考えてみましょう。

あなた自身の自分の特徴を理解すれば、楽に過ごせるようになるはずです。

1-2. HSP 以外のあなたの特徴も大切

このときに大切なことは、自分の特徴のすべてが HSP という言葉で語れるわけではない、ということ。

HSP 以外のあなたの特徴のイメージ
あなたのすべてが HSP というわけではない

イメージでみると、こんな感じ。

左側のように、HSP 傾向が少しあるという人もいれば、右側のように、HSP 傾向がかなり強い、という人もいます。

このような柔軟なイメージをもっておきましょう。

そうすれば、HSP グレーゾーンの人も、その特徴を活かしやすくなります。

HSP が天職を探してさまよっているイメージ

2. HSP にとっての天職ってどんな仕事?

HSP は、仕事で苦労することが多いのだとか。

私が HSP についてのセミナーで取り上げるさまざまなテーマの中でも、「天職を見つけること」「生計を立てること」そして「職場でうまくやっていくこと」は、多くの HSP にとっていちばん切実な問題であるようだ。

「ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。」

HSP は、

  • 意味や意義を見いだすことのできない長時間労働
  • ストレス
  • 刺激の強い職場環境

が苦手です。

2-1. HSP に向いている仕事は?

では、どんな仕事が HSP に向いているでしょうか?

HSP に向いている仕事としては

  • 家具職人
  • ペット美容師
  • 心理療法士
  • 牧師
  • 重機オペレーター
  • 農業
  • ライター
  • 編集者
  • アーチスト
  • レントゲン技師
  • カウンセラー
  • ウェブデザイナー
  • プログラマー
  • 漫画家
  • セラピスト

などがあげられます。

しかし、「職種」だけでは不十分ですよね。

2-2. HSP には職場での人間関係も大切

下記のTED動画では、最初の導入部分で、「内向的な人が感じる生活のしにくさ」をわかりやすく解説しています。

HSP と内向的な人というのは、厳密には違いがありますが、共通点もあります。

つまり、

  • HSP は全体からみれば少数派(15%〜20%)なので、普通の職場環境やコミュニケーションでさえ、刺激が強すぎて辛く感じることがある

ということ。

だから、職種だけじゃなく、人間関係も含めた職場環境も、大切。

2-3. HSP の天職の条件は、職種・職場環境・働く意義

ここまでの内容を踏まえて、HSP にとっての天職の条件をまとめてみましょう。

  1. ひとりで完結できるような仕事
  2. 静かな職場環境と配慮された人間関係
  3. やりがいの感じられる仕事

もちろん、きちんと生活していける収入も忘れてはいけませんね。

HSP として天職を「創る」ってどういうこと?

例えば、フリーランスのウェブデザイナー。

私も経験ありますが、これは HSP の天職といえるでしょう。

つまり、HSP にとっては天職とは、誰かが用意してくれた仕事を見つけるのではなく、自分で創りあげていくもの。

そんな考えかたが大切です。

HSP が天職を創るとは、

  • 自分を知り、その特徴や適正にあわせていくように、職種や環境を最適化していくこと

もちろん、お勤めの仕事でも構いません。

しかしやはり、自分で自分の仕事をする「自営業」がおすすめといえます。

その理由を、次に紹介します。

天職を見つけて喜んでいるイメージ

3. HSP は天職を見つけるのではなく「創る」べき理由

なぜ、HSP の天職として、自営業をおすすめするのか?

3-1. フリーランスや自営業は、HSP 向きの仕事だから

ひとつめの理由は、HSP の提唱者であるアーロン自体が「自営業は HSP 向きの仕事」と書いていることです。

自営業(あるいは、大きな組織の中で、完全に自主性を持つこと)は HSP 向きの仕事のスタイルだろう。自分で時間や刺激、つきあう人をコントロールできるからだ。

「ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。」

自分で働く時間や刺激、つきあう人をコントロールすること。

自分で完結できる仕事を、自分で決めた環境でやる、ということです。

3-2. 個人でもノーリスクで起業できるようになってきているから

自営業をはじめるには、起業しなくてはいけません。

人生を賭けた一大事のように聞こえるかもしれませんね。

時代は変わり、いまは副業や複業も認められつつあります。

また、リスクなく起業することも可能です。

簡単にいえば、自分の得意なことや好きなことで収入を得る道は、以前にくらべて確実に開けてきているといえるのです。

3-3. HSP 的な仕事スタイルでも、理解を得られるようになってきているから

HSP にとってありがたい「引きこもり起業」でも変に思われることが少なくなってきました。

私が独立した頃は、「電話対応はしません」というと変な顔をされたものです。

でも、HSP にとって電話は結構、疲れますよね。

いまでは、「フリーランスで問い合わせはメールのみ」という人はたくさんいらっしゃいます。

ですからいまは、HSP にとってはやりやすい時代になってきている、といえます。

3-4. 好きなことで起業する人が増えてきているから

実は最近は、「好きなことを自分でやる」というスタンスで起業している人が、増えつつあります。

簡単にいうと

  • 自分の好きなことを自分でやる
  • 自由に仕事がしたい

という理由で起業した人のことをいいます。

実はこういう人たちって、起業後の売上目標の達成率もまずまずで、仕事に対する満足度も高いのだとか。

「好きなことを仕事にする」というコンセプトは、エレイン・アーロンのいう「HSP の天職」と近い部分がある、ともいえるでしょう。

3-5. 死ぬまで働く時代だから

少子高齢化の影響もあって、私たちの働きかたは変化してきています。

このまま寿命がのびていけば、70代、80代でも働くようになるでしょう。

あなたには、そのときの備えはありますか?

  • 自分の趣味や興味のあることを掘り下げたり
  • 学び直しをしたり
  • スキルを身につけたり

私たちは発想を転換して、「死ぬまで働かなくてはいけない」から「死ぬまで働きたい」へとシフトさせていかなくてはいけません。

まさにこの「死ぬまで働きたい」と思うことのできる天職は、他人から与えられるものではなく、自分で創るべきものではないでしょうか?

創造のイメージ

まとめ:自分に合う仕事が見つからない HSP が天職を創造すべき5つの理由

「天職とは、その辺にあるものを見つけるんじゃない。自分で創造するからこそ、天職なんだ」

私はそう思っています。

このときこそ、HSP の特徴である

  • 深く考える力
  • 創造力
  • 失敗を避ける慎重さ

が、強みとして活きるはずです。

それともうひとつ。

  • HSP だからといって、なにか治さないといけない部分があるとか、人として劣っているとかではありません
  • あなたの特徴のすべてを HSP で語れるわけではない。それ以外の自分についても理解を深めよう

もしあなたが悩んでいたり、困っていらっしゃるなら、これをお伝えしたい。

まずは、あなたを知ることからはじめてみましょう。

あなたの HSP 的な特徴をより正確に、そして、あなたの HSP 以外の特徴も把握してみることをおすすめします。

行きづまりを感じたときこそ、最高の人生をデザインしよう

 
「人生、このままでいいのかな?」

あなたもこんな疑問をかかえ、漠然とした不安に胸が押しつぶされそうになったことがあるかもしれません。
 
そんなときこそ、「自分を知り、よりよく生きるためのノート術」をぜひ試してみてください。