頭とこころを整理するためには、はじめに「あなたが気になっていること」を書きだしていく必要があります。

頭とこころの整理法では、この作業のことを「リストアップ」と呼んでいます。

リストアップは手書きでもできますし、アプリを活用しても構いません。

ここでは手書きでリストアップするときにお勧めのツールを紹介します。

ライフ 情報カード J860

ライフ 情報カード J860
ライフ 情報カード J860

よく使うのが、この名刺サイズのカード(ライフ 情報カード J860)です。

無地のものもありますが、私は罫線がはいっているものをよく使います。

アマゾンではあまり売っていないので、近くの本屋で見かけたときにまとめ買いしています。

コレクト 情報カード C-641

コレクト 情報カード 6×4 無地 C-641

名刺サイズのカードより、ちょっと大きいサイズのカード。

わかりにくいかもしれませんが、名刺サイズの「ライフ J860」と並べてみました。

これくらいのサイズがある場合は、ざっくりとした(まだ曖昧な)テーマについて割と自由に書くことが多いせいか、無地のほうが使いやすい印象です。

オキナ プロジェクトペーパー A3

オキナ プロジェクトペーパー A3

結構、お気に入りなのがプロジェクトペーパーです。

頭のなかでまとまっていないことは、A3 サイズくらいあるとかなり自由に書けると思います。

私は本を書くときに活用しました。

結果、頭のなかにあることをまとめるのにA3で45枚くらい、というかなりのボリュームになりましたが、それでも一冊すべてを使い切らなかった(一冊で50枚)ので、かなり長持ちします。

注意点としては、5ミリ方眼と10ミリ方眼があるので間違えないようにしましょう。

ツールをどのように使い分けるか?

「整理したい頭のなかのこと」によってサイズを使い分けるとよいでしょう。

……といってもこれは感覚的なものになってしまうですが、テーマが大きく、ぼんやりしている場合は、大きい紙を使う。

具体的になってきている場合は、名刺サイズの紙を使うとよいでしょう。

幸せで充実した人生のために

ストレスや不安、考えごとに支配されて困っていませんか?

心をひらいてあたらしい気づきを得よう

あなたがストレスや不安、考えごとなどに支配されてしまっていると、心が閉じられた状態になってしまいます。

そのような状態では、過去のネガティブな自己イメージにとらわれ、人生のコントロールを失い、可能性をせばめていってしまうでしょう。

頭とこころの整理法であなたの心をひらき、あたらしい気づきを得て、人生をよりよく変化させてみませんか?