頭とこころの整理法は、アプリでも実践できますが、ここでは、手書きでできる基本的な手順についてご紹介します。

手書きの場合は、「情報カード」を使うと便利です。

Step1 気になっていることを書きだす

はじめに、あなたが気になっていることを書きだしていきます。

情報カードなどを使ってください
書きだしかたの例

頭のなかに浮かんでくるすべてのことを書きだすことができると、ものすごくすっきりして、ストレスフリーになることができます。

Step2 書きだしたものを分類する

次に、書きだしたものを似たもの同士で分類して、グループを作っていきます。

情報カードを使っているところ
メモアプリを使って分類したところ

頭とこころの整理法では、このグループのことを「プロジェクト」と呼んでいます。

気になっていることをプロジェクトに分類することで、自分が人生において取り組んでいることを俯瞰することができます。

Step3 プロジェクトの計画を立てる

このステップでは、プロジェクトの目標や目的を明確化していきます。

例えば「資産とお金の管理」プロジェクトには、どんな目的、どんな目標があるのか?

こういったことをはっきりさせていきます。

プランニング記入例

これによって、たくさんのプロジェクトの価値観や優先度がわかるようになります。

Step4 気になっていることを実行して消す

実は、気になっていることというのは、それを実行すれば「消す」ことができます。

例えば、「きちんと戸締まりをしたかどうかが気になる」のであれば、それを確認すれば、もう気にならないですよね?

単なる箇条書きではなく、ひとつのタスクに対して詳しく情報を書き込めるところがポイント

これと同じ要領で、あなたが日々の生活において、そして人生において「気になっていること」をひとつずつ、実行していきましょう。

「アクション」と呼ばれているこのステップでは、このような単純なやりかたで、あなたが抱えている問題を解決し、目標を達成していくことができます。

基本的な手順は以上です。

より詳しく学びたいときは、書籍や講座を活用してください。