HSP でも起業できる?

自分だけの天職をつくるために

「仕事が辛い」

そんな HSP は、結構いらっしゃるようです。

私も HSP として、仕事や人間関係で苦労をしてきました。

しかし、起業をしてから、日々の暮らしはかなり快適になりました。

そこでこの記事では、

  • 実体験に基づくHSP が起業を成功させる7つのコツについて

分かりやすくお伝えいたします。

無料 Ebook プレゼント

「気になっていることを書くだけで人生が変わる方法を知りたい人は他にいませんか?」

仕事・恋愛・結婚——あなたはこれからの方向性について悩んでいませんか?

あなたが本当に望んでいるもの、大切にすべきことを明確にして人生を変えるシンプルな方法。

アマゾンで実際に販売中の本をいまだけ全文、無料公開しています。

その他の HSP に関連する記事はこちらから

HSP の起業のイメージ

どうすれば起業できる?

ひとことで「起業」といっても

  • 個人として起業する
  • 法人として起業する

おおまかにわけて、この2つの方法があります。

この記事では、HSP が個人として起業する方法についてお伝えしていきます。

オフィス

個人による起業の名称について

個人による起業については

  • 個人事業主
  • フリーランス

といった名称があります。

個人事業主とは

個人事業主とは、法人ではなく個人として事業を営む人のことをいいます。

  • 例:個人で営む輸入雑貨のオンラインショップや自宅サロン、コンサルタントなど

フリーランスとは

 フリーランスとは、会社に所属せずに仕事を請け負う人のことをいいます。

  • 例:イラストレーターとして会社や個人から仕事を請け負っているなど

起業するのに必要な資格などはあるの?

実は、個人として起業するために必要な資格というものはありません。

最寄りの税務署に行き、個人事業の開業・廃業等届出書という書類に必要事項を記入して提出するだけです。

起業するだけならば、特に費用もかかりません。

誰でもが簡単にできるようになっています。

HSP が起業するときのイメージ

HSP として起業するときに目指すべき方向性は?

HSP は、職場の環境に影響を受けやすいです。

そこで HSP 向きの仕事として、

コンサルタント/カウンセラー/セラピスト/家具職人/ペット美容師/ライター/エンジニア/プログラマー/図書館司書/在宅ワーカー/フリーランサー

などがよくあげられます。

これらの仕事は、

  • 職場環境を自分でコントロールしやすい
  • 多くの人と関わらなくて済む仕事である

といえます。

HSP が苦手とする「刺激」を避けやすいので、HSP 向きの仕事と呼ばれているのです。

HSP の起業のイメージ

HSP が起業するときに心がけたい3つのポイント

起業についても、同じように考えることができます。

  • 働く時間や内容、付きあう人をコントロールするために起業する

これがポイントになります。

例えば私の場合、自宅の一室を仕事場にして、パソコンを使ってオンラインで仕事をしています。

HSP にとっては、理想の環境といえるかもしれません。

ここで、HSP が起業するときに心がけたいポイントを、3つ紹介します。

  1. 自分の居場所・心地よく働ける環境をつくる
  2. 小さくとも安定した収入源の確保
  3. やりたくない仕事を避ける

次にわかりやすく説明します。

1.自分の居場所・心地よく働ける環境をつくろう

誰でも起業するならば、「たくさんお金を稼ぎたい」というのが本音でしょう。

しかし HSP の場合は、例えお金をたくさん稼げたとしても、刺激が強すぎる環境では長続きしません。

起業をすれば、自分で仕事を選ぶことができるようになります。

そのときは、収入だけでなく、自分が心地よく働けるかどうか?を判断基準にするとよいでしょう。

2.小さくとも安定した収入源の確保しよう

HSP は心配性だったり、不安を感じやすかったりすることが多い傾向があります。

それはビジネスでも変わりません。

だからこそまずは、安定した収入を得られるようにすることを心がけるとよいでしょう。

多少なりとも安定した収入、つまり継続的な仕事があることは、心の安定につながります。

3.やりたくない仕事を避けよう

特に内向型の HSP は、量より質を好む傾向があります。

いくら稼げるからといっても、気の向かない仕事を続けていくことは、得意ではありません。

「好きなことを仕事にしよう、やりたいことで稼げるようになろう」

これは間違いではありません。

しかし加えて、やりたくない仕事をはっきりさせてそれを避けることも心がけましょう。

ビジネスは、他人との関係が大切です。

「やりたくない仕事をきちんと断ることは、自分だけでなく相手のためにもなる」と考えるとよいかもしれません。

HSP の仕事の事例

具体的な HSP 向きの起業の事例を紹介

次に、具体的な起業の事例と方法について見てみましょう。

HSP が個人として起業するための12個のアイデア

ここでは特に、HSP に向いている仕事と思われるものを紹介します。

1.フリーランスライター

ウェブ媒体などに記事を書く仕事です。

パソコンがあればできる仕事なので、HSP 向けといえるでしょう。

スキルシェアサービスを活用すれば、すぐにフリーランスライターとして活動を開始することができます。

2.ブロガー

フリーランスライターと同様に、パソコンの前に座って行う仕事です。

ブログコンテンツを制作し、広告収入などを得ていく方法です。

3.ホームクリーニング

HSP は細かいところに気づくことができるので、整理整頓や掃除が得意な人も多いです。

ただし人と関わる仕事なので、よいクライアントに出会えるかどうかがポイントになるでしょう。

4.託児・子どもの見守り

HSP は、他人の些細な変化に敏感です。

この特質をうまく活かすことができれば、子どもの見守りなども得意分野といえるでしょう。

人と関わる仕事なので、クライアントに左右される部分はあります。

5.ハンドメイド・クラフト作品の販売

minne というサービスを活用すれば、ハンドメイド作品などを手軽に販売することができます。

似たようなサービスに Etsy というものもあります。

細かい作業が得意な HSP には向いている仕事といえるでしょう。

6.ウェブデザイナー

パソコンとインターネット環境さえあれば、どこでも仕事ができるウェブデザイナー。

これも、HSP 向きの仕事といえます。

ただし HSP は、クライアントとの交渉で消耗してしまうことがあります。

私自身の体験からお伝えしますと、ひとつひとつの作業に対して細かく料金設定しておくと、交渉がすこし楽になります。

7.オリジナルTシャツ販売

HSP は、繊細さゆえに創造的であるともいわれます。

STORES.jp を利用すれば、オリジナルの Tシャツを手軽に販売することができます。

8.グラフィックデザイナー

こちらも HSP の繊細さを活かすことのできる仕事だといえます。

あなたにデザインのスキルがあれば、フリーのグラフィックデザイナーとして活躍することもできるかもしれません。

9.家政婦・家事代行

HSP は、整理整頓や掃除が得意なほうだと思います。

タスカジ を利用すれば、家事代行業で起業することができるでしょう。

10.電子書籍の著者

創造的な文章を書くことも、HSP に向いている仕事だといえます。

Kindle ダイレクト・パブリッシングなら、コストをかけずに出版することができます。

11.家具職人

Creema では、自作の小さな棚やベンチなどを販売することができます。

家具職人は、HSP に向いている仕事といわれています。

12.校正

現在では、個人でも出版する人が増えてきました。

校正者のような仕事も、HSP に向いているといえるでしょう。

起業するタイミングのイメージ

起業をするタイミングはいつがいい?

私は学生時代、「小さなお店を自分でやる」ことに憧れていました。

結果、タイ古式セラピストとして、リラクゼーションサロンを開業することになりました。

これは私の夢でした。

しかし実は、どうしても会社になじめなかったから起業するしかなかったともいえるのです。

HSP は、このような働きづらさを抱えている人もいます。

好きで得意なことを副業からはじめよう

しかし、会社になじめないからといって起業してしまうのは、あまりおすすめできるものではありません。

いまは時代が変わってきていますから、まずは副業からはじめてみることをおすすめします。

例えば下記のアンケートでは、98%の人が副業に興味があると答えています。

副業を解禁する起業も増えてきました。

趣味を副業にすることから起業する

「趣味の料理を活かした自宅レストランをパートタイム起業で営む」という事例も紹介されています。

「仕事が辛いから辞めてしまえ! 起業するぞ!」

というような、いちかばちかのやりかたはおすすめしません。

副業で経験を積みながら、起業のタイミングを探りましょう。

起業の成功のイメージ

HSP の起業を成功させる7つのコツ

私自身の経験から、HSP として起業を成功させるための7つのコツを紹介します。

1.ひとりのお客さんと長くお付きあいすることを考えよう

オンラインでできる仕事を選び、自宅を仕事場にする。

このやりかたならば、ほとんど経費がかかりません。

起業するというと、なんとなく「たくさん稼がないといけない」と感じるかもしれません。

しかし実は、経費がかからない構造になっていれば、話は変わってきます。

そのうえで、特に個人として起業をするときに心がけるポイントは

  • ひとりのお客さんを大切にしてできるだけ長くお付き合いさせていただく

カフェに例えるならば、「通りがかりの一見さんばかり」のお店ではなくて、長く愛してくれる常連さんがメインの隠れ家的なカフェ、みたいなイメージでしょうか。

一般的に、お得意さんが増えるほどに、売り上げは安定してくるといえます。

安定的な収入源をつくることが、心配性な HSP の心を安定させてくれるはずです。

2.嫌な作業をはっきりさせて勇気をもって断ろう

個人が起業するにあたって、「好きで得意なこと」を仕事にするのは大切なことです。

しかし特に内向型 HSP の場合は、好きな作業の「過程」にこだわりすぎてしまい、ビジネスとしての「結果」が出にくいことがあります。

そこでポイントとなるのは、

  • 好きなことをやるよりも、嫌いなことをしないで済むという状況をつくる

HSP はその繊細さゆえに、お客さんに振りまわされてしまいがちです。

そんなときは、好きなことをやる喜びと、嫌なことをしないですむ安心感を比較してみてください。

例えば…

  • 好きなことをやる喜び:4点
  • 嫌なことをしないですむ安心感:6点

…こんな感じです。

HSP の場合は、嫌なことをしないですむ安心感を優先して取り組んでみてもよいかもしれません。

「それほど好きな作業ではないけれど、決して嫌ではない」

これくらいの距離感でビジネスを進めたほうが、客観的な判断をしやすくなり、結果につながりやすくなるからです。

3.HSP は仕事の規模よりも意味や意義について大きくとらえるようにしよう

HSP は、もともと大きな野心を心に描けるようなタイプではないことが多いです。

しかし起業をしてビジネスを軌道に乗せるためには、常に成長を心がけていくことが必要になります。

現状維持をめざしているだけでは、売り上げが下がっていってしまうことが多いからです。

そこでポイントとなるのは、

  • 事業の規模ではなく仕事の意味や意義を大きくとらえるようにしてみる

ことです。

こんな風に考えてみましょう。

「自分が頑張ることは、家族のためにもなっている」

「この仕事は社会に貢献できる仕事だ」

「自分が頑張ることによって、生きづらさを感じている他の HSP にもよい影響を与えられるようになるかもしれない」

HSP は、結果を重視しすぎると、消耗してしまうことがあります。

意味や意義を大切にすることで、あなたのビジネスを成長させていくことを考えてみましょう。

4.よい意味で「他人からどう見られているか?」を意識しよう

内向型の HSP は自宅を仕事場にすると、ついつい引きこもりがちになることがあります。

HSP にとっては快適な環境かもしれませんが、継続的なビジネスの成功のためには、自分の仕事に対する客観性が大切です。

自分で自分のことを知るだけでなく、よい意味で他人からどう見られているか? を気にするようにしましょう。

オンラインのやりとりだけでなく、オフラインでのコミュニケーションを心がけ、フィードバックをもらえるようにすると効果的です。

HSP にとって、他人とのコミュニケーションは荷が重いと感じるかもしれません。

しかしだからこそ、積極的に他者からのフィードバックを得られるように努力する必要があるといえるのです。

5.心配性を強みにするために内面を整理して、不安とうまく付きあうことを覚えよう

HSP は神経質で心配性な人が多いです。

起業における心配性には、メリットとデメリットがあります。

  • メリット:無理なリスクを負わない。慎重にすすめることができる
  • デメリット:いろいろなことを気にしすぎてしまい生産性が落ちる

心配性をメリットにするためには、不安や心配をできるだけ客観的に見つめることが大切です。

例えば起業後にぶつかりがちなお金の問題も、不安だからこそきちんと向きあうようにする。

こうすることにより、解決策を見いだすことができるパターンが多いです。

不安や心配を客観的に見つめられるようになることで、仕事に対する集中力も高まります。

HSP は心配性であるがゆえに、その対処法を身につけることが大切です。

6.既存のスキルを高めるだけでなく新しいスキルを身につけるための時間をつくろう

ビジネスとして大切なのは、ネットワーク、つまり人脈だとよくいわれます。

人づきあいが得意なほうではない HSP は、どうしたらよいでしょうか。

「スキルを身につける」という発想をして、これを習慣として続けていくようにすることをおすすめします。

ハードスキル・ソフトスキル・オンラインスキルの3つに分けて考えるとわかりやすくなります。

ハードスキル

ハードスキルとは、仕事をするうえでの「実務的なスキル」のことをいいます。

例えば特定のアプリケーションを使っての文書作成やプレゼン作成、外国語能力や交渉能力などがそれにあたります。

ハードスキルは時代とともに変化していくために、常に学びつづける姿勢をもつことが大切になってきます。

ソフトスキル

ソフトスキルとは、ひとことでいえば「対人関係のスキル」のことをいいます。

HSP は、多くの人と騒ぐことは苦手ですが、一対一の関係は得意なことが多いです。

相手の表情や、態度の微妙な変化によく気づき、そこから得た情報をもとにして、細やかな対応をすることもできます。

ひとりひとりとじっくり向き合えるような仕事を選択すれば、あなたの繊細さはひとつのスキルになる可能性があります。

オンラインスキル

オンラインスキルとは、SNS やブログといったオンラインツールを使いこなすスキルのことです。

これには技術的なものだけではなく、オンラインという舞台の上で、あなたという存在をどう表現していくか? ということも含まれます。

HSP の人にとって、SNS 上で自分を売り込んでいくことは、苦手分野のひとつかもしれません。

その場合は、自分自身ではなく自分の作品を投稿するなどの工夫をしてみましょう。

7.健康に気をつけよう

意外と忘れがちなのが、健康に配慮することです。

起業すると、自分の都合で働く時間を決めることができるようになります。

しかし有給休暇やその他の保障がありません。

健康診断も、自分の判断で受診する必要があります。

健康に対する意識を忘れないようにしましょう。

まとめ:HSP 起業を成功させよう!【10年間の効果実証済み】7つの戦略

どうすれば起業できる?

  • 税務署に「開業届」を提出しましょう

HSP として起業するときに目指すべき方向性は?

  • 自分の居場所・心地よく働ける環境をつくろう
  • 小さくとも安定した収入源の確保しよう
  • やりたくない仕事を避けよう

HSP にはどんな起業の方法が向いている?

  1. フリーランスライター
  2. ブロガー
  3. ホームクリーニング
  4. 託児・子どもの見守り
  5. ハンドメイド・クラフト作品の販売
  6. ウェブデザイナー
  7. オリジナルTシャツ販売
  8. グラフィックデザイナー
  9. 家政婦・家事代行
  10. 電子書籍の著者
  11. 家具職人
  12. 校正

起業をするタイミングはいつがいい?

  • まずは趣味を副業にして起業への道を探っていくのがおすすめ

HSP の起業を成功させる7つのコツ

  1. ひとりのお客さんと長くお付きあいすることを考えよう
  2. 嫌な作業をはっきりさせて勇気をもって断ろう
  3. HSP は仕事の規模よりも意味や意義について大きくとらえるようにしよう
  4. よい意味で「他人からどう見られているか?」を意識しよう
  5. 心配性を強みにするために内面を整理して、不安とうまく付きあうことを覚えよう
  6. 既存のスキルを高めるだけでなく新しいスキルを身につけるための時間をつくろう
  7. 健康に気をつけよう

無料 Ebook プレゼント

「気になっていることを書くだけで人生が変わる方法を知りたい人は他にいませんか?」

仕事・恋愛・結婚——あなたはこれからの方向性について悩んでいませんか?

あなたが本当に望んでいるもの、大切にすべきことを明確にして人生を変えるシンプルな方法。

アマゾンで実際に販売中の本をこっそり期間限定で全文無料公開しています。

LINE で最新情報をお届け

友だち追加

ブログ更新情報を LINE でお知らせします(月に2〜3回程度)

LYKKE LYKKE トップへ