いちばん左が本人

宇田川 雄士(Yushi Udagawa)

2004年に独立。

オーナーセラピストとしてリラクゼーションサロンを経営、同時に他サロンの開業や経営に関する相談、サロン向けのウェブデザイン・制作をおこなう。

2017年1月1日に「整理法プラス」を公開。現在はその手法に関する研究に力を注いでいる。

ちいさな頃から漠然と「カフェか雑貨屋がやりたい」と考えていました。

自分なりに人生について真剣に考えるようになったのは、父の死がそのきっかけです。

「人は死んだら終わり。ならば少なくとも後悔するような生きかたはしたくない」

もちろん、父が後悔のなかで亡くなっていったと思いたくはありません。

しかし冷静にその現実をみつめることができたとき、私はこの足で人生を歩んでいくべきだ、と深く感じたのです。

実は父だけではなく祖父も事業を営んでいたのですが、私は人を使うような「ビジネス」よりも、自分でできるような「仕事」がしたいと感じていました。

独立から10年以上たった現在、感じること。

それは、独立して生きることの醍醐味は「良くも悪くも自分で決めなくてはいけない」ということ。

もしあなたがお勤めの仕事をされていらっしゃるなら、それは「豪華客船」に乗っているようなものかもしれません。

あなたは設備のととのった客船のなかで自由にすごすことができますが、そもそもどこに行くのか?というその方向を決めることはできません。

かたや私のように独立した人間というのは「いかだ」で大海原に漕ぎだすようなもの。

たいした設備もありませんし、そもそも自分で一生懸命に漕いでいかないと沈んでしまいます。

しかし、たどりつけるかどうかは別として、そもそもどこに行くか?というその方向を自分で決めることができます。

私が実体験として感じたことは「独立して生きるということをひとつの旅路のようなものと考えるならば、地図をつくる必要がある」ということ。

そしてまさにこれこそが、私が「整理が必要だ」と感じた理由なのです。

自らの足で自立した人生を歩んでいくということ。

そのためには身のまわりのさまざまな状況が整理されていたほうが良いのです。

そして私には、実際に実践してみたその結果として感じていることがあります。

それは、「整理とは計画のためにあり、計画とは人生をいかに生きそして死んでいくか?である」ということ。

ですからよりよい人生のための第一歩が整理である、といえるでしょう。

趣味は、読書と写真です。このサイトの写真は私が撮っています。(ただしこのページのいちばん上のプロフィール写真は、息子たちと一緒に他の方に撮っていただいたものです)