具体的にどのようなプロジェクトがあるか?

これについては、性別や年齢、生活状況や考えかたなどによっておおきくちがってくるはずです。

とはいえある程度、共通するものもあるはずですから、ここでいくつかご紹介したいと思います。

なお基本的に Evernote(デスクトップ版)での使用を想定していますので、その点ご了承ください。

ふたつのわけかた

まずプロジェクト名を日本語で書くか、英語(アルファベット)で書くか、について。

Evernote では「ノートブック」と呼ばれているものが「プロジェクト」に相当します。

そして Evernote のノートブックは自動的にアルファベット順 – あいうえお順に並ぶようになっており、これを変えることはできません。

これをどう活用するか?ということになりますが、私は、基本的として 仕事に関するプロジェクトをアルファベット3文字の略称で、個人的なプロジェクトを日本語(ひらがな・漢字・カタカナ)でつけるようにしています。

どんなプロジェクトがあるか?

その一部が上図にしめしたもので、アルファベット3文字のプロジェクトは見ても意味がわからないと思いますが、それは私の仕事に関するものである、ということ。

また例外的に、重要なプロジェクトは個人的なものであってもアルファベットでつけることがあります。(上のほうに表示されて目立つので)

どれくらいのプロジェクトに携わっているか?

人は、いったいどれくらいのプロジェクトに携わっているでしょうか?

私の場合は、常時、60〜65くらいのプロジェクトに携わっています。

個人差はあると思います。

また、数が多ければよいというわけではありませんし、少なければよいというわけでもありません。重要なことはあなたが携わっているプロジェクトをすべて見える形にするということ。

どんなプロジェクトがありそうか?

以下、プロジェクトの案をあげてみます。

  • 家計の管理
  • 資産の管理・投資
  • ショッピングリスト・ウィッシュリスト
  • 確定申告
  • 利用中のサービス
  • ハウスキーピング・掃除
  • 頭の整理
  • マイホーム
  • 引っ越し
  • 医療・健康
  • ダイエット
  • エクササイズ
  • 趣味・夢中になれるもの
  • 余暇・イベント
  • 資格試験
  • 生涯学習
  • 身だしなみ・ファッション
  • 介護
  • 夫婦関係
  • 恋人関係
  • 育児・子育て
  • 愛情
  • 会社(仕事上)での人間関係・上司・部下・同僚
  • その他の人間関係
  • ライフプラン
  • キャリアプランニング・転職
  • 社会貢献・地域社会

最初にのべたように、性別や年齢、生活状況や考えかたなどによってプロジェクトの種類はおおきくちがってきます。