ここからは、頭とこころの整理法の解説をすすめていきます。

頭とこころの整理法は、まずはじめに、私たちが日々、取り組んでいるさまざまなことがらを「プロジェクト」という概念で整理していきます。

そして、そのプロジェクトに関してやるべき作業をひとつひとつ明確化していくことにより、日々の生活でのやるべきことや自身の思考が客観的に把握できるようになり、頭(意識、思考、考え)とこころ(感情、気持ち)の整理がなされていきます。

頭とこころの整理法 目次

整理とはなにか?

まずはじめに、そもそも整理とはなんなのか? というところから話をはじめていきます。

整理整頓という言葉もあるように、整理とはかたづけである、と考えていらっしゃる人もいるようですが、では一体、どこまでかたづければ整理できたのか?ということについて考えてみると、誰でもが納得できる共通基準をつくることはむずかしいでしょう。

このようなところから、整理とはなにか?という点について解説をしていきます。

詳しくはこちらをご覧ください。

頭とこころの整理法の特徴

整理について理解できたら、頭とこころの整理法の特徴について解説をしていきます。頭とこころの整理法を実践することによる利点や基本的な考えかたなどについて。

詳しくはこちらをご覧ください。

おおまかな手順と全体の流れ

ここでは文字どおり、頭とこころの整理法に関するおおまかな手順と全体の流れについて解説をします。

詳しくはこちらをご覧ください。

システムの構築

頭とこころの整理法の最初のステップである、整理システムの構築について解説をします。

詳しくはこちらをご覧ください。

システムの維持

整理システムを日々、メンテナンスしていく方法について解説をします。

詳しくはこちらをご覧ください。

頭とこころの整理法についてのまとめ

頭とこころの整理法の全体的なまとめです。

詳しくはこちらをご覧ください。

準備中、執筆中のページに関する更新情報は 更新履歴のページをご確認ください。