この項目では実践編、整理法プラスの具体的な手法について説明をします。

すでに何度かお話ししているように、整理法プラスは3つの手法から構成されています。

  • 頭とこころの整理法
  • 全的アプローチ法
  • 整理法プラスプラス

これらの手法について、ひとつひとつ説明していきます。

なおはじめて学ぶ場合は、いちばん上(頭とこころの整理法)からすすめていってください。

頭とこころの整理法

私たちが日々、取り組んでいるさまざまなことがらを「プロジェクト」という概念で整理し、かつそのプロジェクトに関してやるべき作業をひとつひとつ明確化していきます。その結果、日々の生活でのやるべきことや自身の思考が客観的に把握できるようになり、頭(意識、思考、考え)とこころ(感情、気持ち)の整理がなされていくという整理法です。

全的アプローチ法

全的アプローチ法は、「よりよく生きるための人生計画法」とも呼ばれています。「よりよく生きる」ということに関する自己分析的、生活全般を評価するための指標にもとづいてそれをあらためるなどの作業を行いつつ、人生全体の計画を練っていきます。「全的アプローチ法」は「頭とこころの整理法」と一体化して実践していくことが可能です。または「全的アプローチ法」は「頭とこころの整理法」をより一歩すすめるための追加的な手法と呼べるかもしれません。

整理法プラスプラス

整理法プラスプラスは、達成のための整理法と呼ばれています。より正確には「整理法プラスを、達成(やり遂げること)のために活用する」ための方法論またはテクニック集的なものといえるでしょう。頭とこころの整理法、全的アプローチ法について身につけておくことが必要となります。

準備中、執筆中のページに関する更新情報は 更新履歴のページをご確認ください。