Mac での作業効率化ツールとして便利な Alfred ですが、パワーパック(有料)を導入することにより使用可能になる Workflow という機能を活用することによって、さらに便利になります。

……ややこしいですが、以下の記事にパワーパックについてわかりやすく解説されています。

さて Alfred の Workflow は自分でつくることもできますが、下記のようなサイトで探してダウンロード&インストールすることもできます。

それで、Mac のメモ(Notes.app)を Alfred で検索することができるようになる Workflow について探してみたところ、Alfred のフォーラムに該当するものがありましたので、ここで紹介しておきます。

下図のように「n (n+半角スペース)」と Alfred に入力するとメモの検索ができます。

Alfred で メモ(Notes.app)を検索

またクリップボードから新しいメモを作成するなども可能。

もちろん Mac 標準機能である Spotlight検索を使用すればよいだけの話でもありますが、Alfred をより活用したい(Spotlight との併用をなるべく避けたい)場合などは上記の Workflow は便利じゃんじゃないかなあ、と思います。