こちらのページで「頭とこころの整理」について解説をしていますが、モノの整理についてもすこし紹介したいと思います。

今回は、洋服について。

例えば、整理する際にはどうしても「洋服を処分する」という作業が必要になってきます。

しかし、では実際問題としてどれくらいの洋服を残しておけばよいのか? と、考えると結構、むずかしいと感じることも多いのではないでしょうか?

特にこれは、おしゃれなどに無頓着になりつつある、いわゆる「40代をすぎた大人の男性」にとってはその傾向が高くなってくるかもしれません。

必要のない洋服はクローゼットの無駄づかいなのか?

必要のない洋服を処分することによって、クローゼットの中は自動的に整理されていきます。

またそれによって気分もすっきりとしますし、洋服に対して、いままでとはちがった新鮮な興味が湧いてくる可能性もあるでしょう。

とはいえ、どのような洋服を処分すべきでしょうか?

例えば、「気に入っているものは残す」、「新しいものは残す」、「高価なものは残す」、このようないくつかの基準があるように思われます。

しかし、いわゆる「ファッション」と呼ばれるものは、ある程度の年齢であれば特に、他人からの目線というものも気にする必要があると思います。

つまり、自分だけの判断で決めてしまうのは危険であり、信頼できる専門家によるある程度の知識(ノウハウ)が必要になる、ということではないでしょうか?

5年以上前の洋服は処分しよう

というわけで、「5年以上前の洋服は自動的に処分する」ことをすすめているのが、下記の本です。

そしてこの本は、タイトル通り「おしゃれが苦手な人」向けに書かれており、どのような服をのこして、どのような服を処分するべきか?ということが明確にわかるようになっています。

要点は二つあります。

シンプルでベーシックなもののみを残す

ひとつめは、「シンプルでベーシックなもののみを残す」ということで、柄物や派手な色(基本的にホワイト・ブラック・ネイビーの三色で十分だそうです)は処分。

カジュアルすぎないように

ふたつめは、「フォーマルに寄せる」ということで、ジーンズではなくコットンパンツ、スニーカーではなくスエードの革靴をすすめています。

大人になると、家庭環境や経済的な事情、なんとなくの気恥ずかしさなどから、洋服については機能性とコスパばかり重視しがちになってくることも多いと思います。

しかし、必要な洋服だけをのこすことができれば、あとはちょっとした心がけで、「着る服によってちょっと気分があがる」という効果を感じることができるかもしれません。

それが、洋服の整理のおおきなメリットではないでしょうか?